NEWS
ブログ

blog1-

去る令和4年2月3日、奈良県トラック協会青年部で、初のオンラインセミナーを開催しました。

トラック協会でも、他の業界と同様に働き方改革への対応が進んでおり、

全日本トラック協会では、長時間労働の抑制と職業としての魅力度向上、人手不足対策のための

「トラック運送業界の働き方改革実現に向けたアクションプラン」を2018年3月に策定しています。

 

コロナ影響を受け、青年部会も中々活動ができない状況でしたが、

奈良県トラック協会の塚本会長のお力添えと一般社団法人クオリティ・オブ・ライフ創造支援研究所のご協力で、この度、青年部会として初のオンラインセミナーを開催できました。

 

今回のセミナーは「働き方改革への対応セミナー」と題して

「物流業界における働き方改革への対応について」~2024年3月31日までに対応が必要な8つの重要事項~ というテーマで、

Zoomウェビナーを使い、

講師に一般社団法人クオリティ・オブ・ライフ創造支援研究所 森田司理事長をお招きし、

お話しを伺いました。

冒頭では、当社専務で青年部会長の山崎がご挨拶させていただきました。

今後もこのような活動を活発化させつつ、

トラック業界の問題解決の一助になるよう、青年部会のメンバー一同力を注いでいきたいと考えています。

 

 

 

IMG_1179-sam-s

社員みんなで、桜井市にある大神神社に初詣に行ってきました。

少し肌寒い中でしたが、皆で和気あいあい、楽しい新年を迎えることができました。

西和物流を本年もどうぞよろしくお願いします。

 

samune1

令和3年12月28日の奈良新聞 創刊75周年の特別企画「次世代を担う人々」に、西和物流代表取締役社長 萩原良介と専務取締役 山崎和哉の2名の記事が写真付きで掲載されました。

弊社の創立からの苦労話に始まり、「仲間を大切にし、仲間ととに成長し、勝ち抜く」といった理念に続き、「全従業員とそのご家族が誇れる企業に、そしてグループ年商150億円を目指します」と今後の展望も載せていただきました。

pc_img01

これからの貨物自動車運送事業は、今まで以上に、“安全性”の視点から優良な事業者が選ばれる時代です。

そこで、全国貨物自動車運送適正化事業実施機関「公益社団法人全日本トラック協会」では、2003年7月から利用者がより安全性の高い事業者を選びやすくするための環境整備を図るため、事業者の安全性を正当に評価し、認定し、公表する「安全性優良事業所」認定制度をスタートさせました。

この度2021年度の申請においても、私ども西和物流は、Gマークの認定を受けることができました。

「安全性優良事業所」として、評価を受けました事項

  • 安全性に対する法令の遵守状況
  • 事故や違反の状況
  • 安全性に対する取組の積極性

を維持・向上できるように、輸送の安全確保に向けて社員一同取り組んでまいります。

 

8月2日号山﨑専務青年部部会長就任

本年2021年6月に開催された奈良トラック協会青年部の総会において、山口部会長(山口商事社長)からバントを受け、弊社 山崎専務取締役(カドラスエクスプレス会長)が新部会長に就任することとなりました。

本人の「何事も声を上げていかないと変わらない。若い力で一丸となって奈良県をより良くしていきたい」といったコメントも、各紙新聞等でご紹介いただきました。

TOPへ